Menu

the innocent foundation

想像してください、
お腹をすかせた人がいない世界を。

誰もが食べ物に困らない世界を想像してみてください。私たちがつくりたいのはそんな世界です。簡単ではないとしても、きっと実現できると思っています。私たちはシンプルでスマート、時に革新的な方法で食糧問題に取り組む人たちや団体を見つけて、必要な資金を提供します。そして一緒に、世界中の飢えに苦しむ人たちを救うための大胆で勇気あるアイデアを実行していきます。 イノセント基金は、二つの目標に取り組んでいます。一つは、飢えで苦しむ子どもたちを救うこと、二つめは貧しい家族が食事をできるようにすることです。

毎年、私たちは利益の10%をチャリティーに寄付しており、そのほとんどがイノセント基金を通しています。2004年の基金設立後、私たちは世界中の素晴らしい慈善団体と協力し、80万人もの食糧難に苦しむ人たちに手を差しのべてきました。この世界から食糧難がなくなるまで、私たちは取り組みを続けます。

私たちのパートナー

私たちは世界中のパートナーと手を組んでいます。 プロジェクト・マップをご覧ください。

どのパートナーも私たちと同じ信念を持ち、地域社会の人々がより良い生活、つまり食べ物に困ることのない生活を送れるように、サステイナブルな方法で支援しようとしています。パートナーたちの、ほんの一部をご紹介します。

send a cow

地域社会や家族が土地を活用し、未来への希望を抱けるようにサポートしています。サステイナブルな農業に関する訓練、社会的発展、または家畜の供給を組み合わせるというアプローチで援助をしています。

Feedback Madagascar


マダガスカルにおいて、貧困・環境の劣化・健康不良の関係を理解し、統合的なアプローチで貧困を減らすことを目指す団体です。

アジアとアフリカの遠隔地で活動し、そこで暮らす家族が十分な食べ物を生産できるように、収入を得て自立できるように、支援しています。

栄養失調の子どもの命を救うために日々励み、紛争・自然災害・食糧不足に関する専門知識を生かして、世界中の子どもと家庭のサポートをしています。

ケニアとタンザニアの遠隔農村地域で、子どもの発育、地域社会の健康と福祉などに関するプログラムを通し、人々がより健康で幸せな自足生活を送るための第一歩をサポートしています。

アフリカとアジアで貧しい生活をしている障害者の自立、平等、雇用機会のために戦い、教育を受けたり、仕事をするのに必要な道具や資金を提供しています。

インドの農村社会を活性化して貧困を減らすことを目指す団体です。地元のNGOと協力し、社会から取り残された村落において実践的アプローチで活動しています。

医療、教育、生活支援の総合的プログラムを通し、ネパールのヒマラヤ山村における貧困を減らすことを目指しています。