Menu

Untitled Document

「未来を守る」へ戻る

フルーツタワーの中

気候変動などの地球が抱える大きな問題に取り組むには、一人ひとりの行動がとても大切です。そこで、私たちは考えているだけではなく、実際にやってみようと、フルーツタワー(イギリス本社)の中をできる限りサステイナブルな場所にしています。
たとえば、フルーツタワーは効率のいい換気、照明、二重窓を始めとする優れた構造で建てられていることから、BREEAM(イギリス建築研究所建築物性能評価制度)から高い評価を得ています。私たちは、色々な工夫をして、フルーツタワーを自分たちの手でとてもいいホームに変えたことを誇りに思っています。

  1. 最後の人は、レバーを引いて帰ればー
    フルーツタワー各階で、就業時間外は使わないものに別の回路を取り付けて、1日の終わりに大きなレバーを引けば一度にオフにできるようにしました。これで担当者が毎晩、パソコンのモニターを消して帰ってねと言わなくてもすむようになりました。
  2. 窓を開けて、と知らせるグリーンライト
    外気とオフィス内の空気が同じ温度になると、大きな緑のライトが点灯します。これは「窓を開けて」の合図で、同時にエアコンが切れます。フレッシュエアー・タイムです。
  3. FSC(森林管理協議会)公認のデスク。段ボール箱そっくりです。
  4. コピー機の全廃(使いませんから)
  5. 小さな野菜畑のあるルーフ・テラス
  6. 100%再生可能なエネルギーを使い、給湯装置をバイオガスで稼働